<< 【緊急】RO事前質問打ち合わせ、オンライン会議の開催 | main | 掲示板内容のとりまとめ(ROゲーム要望)について >>

2007.11.13 Tuesday

事前質問案について(その2)

 こんにちは、さくっちです。

 いよいよ今日が事前質問の期限ですが、質問案について適宜更新を行っていきます。

9.新規フリーチケットの発行件数について
 先日、ゲームを新規に始める人が利用可能なフリーチケットの配布が不正対策を理由に中止されましたが、現在のところ不正ツール使用キャラクターに目立った減少が見受けられません。
 新規フリーチケットの総発行枚数と、現在利用可能な新規フリーチケットの枚数。また、今までに使用された新規フリーチケットの枚数について、概数で結構ですのでお教え下さい。
 また、現在ベインスキャンペーン以外に新規フリーチケットを配布している場合、その方法についてもお教え下さい。

10.外部諮問委員会の活動について
 昨年8月11日に、貴社元社員による不正アクセス事件を発端に業務全般の管理体制強化及び再発防止を目的とした社外有識者による諮問委員会を設置したとの発表がありました。
 昨年12月14日に答申があって以降、諮問委員会が開催された形跡は見受けられませんが、委員会の活動内容を見ますと「業務管理体制改善への提言」や「セキュリティ管理体制への審議・提言」など多岐に渡っています。
 今後の外部諮問委員会の活動予定及び、答申の中にあった「検討された対策」についての現在の実施状況についてお答え下さい。

11.動画の撮影・公開について
 前回オフミの討論において、ゲーム動画の撮影についてユーザーより質問がありました。
 その回答の中で「昨今では動画配信サービスも拡充されておりますので、今後とも現状のポリシーでいくのか、ユーザー様のご要望に応じて動画の公開を可能とするのか検討させて頂きたい」とあります。
 動画の配信については、ユーザーより公開を可能とすべきという要望が上がっていると思いますが、検討の結果についてお答え下さい。

12.ゲーム上でのオンラインミーティング開催について
 第1回及び第5回のオフミにおいて、ゲーム上でのオンラインミーティングについて開催要望があげられています。
 2003年7月1日には「朝までラグナロク」と題して、プレイヤーとの座談会が開催された歴史もあります。
 第5回オフミでは「弊社としても実施できる方策を再度検討させていただきます」との回答を頂いております。
 限られた人数しか参加できないオフミを補完する形でのオンラインミーティングは必要と考えますので、検討結果及び今後の開催の有無についてご回答下さい。

13.開発元のオフラインミーティング参加について
 第1回・第2回・第5回・第6回と再三に渡ってオフラインミーティングの席に開発元が参加するようにユーザーより要望が出されておりますが、残念なことに今まで実現しておりません。
 開発元と事前協議の上、参加可能な日程でオフラインミーティングを開催して頂けるようにお願いしたいのですが、如何でしょうか。

14.ゲームマスターを呼び出す機能(GMコール)の実装について
 2003年8月に行われたサミットから、今夏に行われた第6回オフミの長きに渡り、ユーザーよりGMコール実装の要望が出されております。
 4年半も継続してユーザーより出されている要望であることを考えますと、既存のWebヘルプデスクによる対応だけでは、やはり不十分なのではないでしょうか。
 GMコール可能な内容を限定すると共に、恣意的なGMコールを行った違反者に対してはアカウント停止を行う等の告知を行う等の対策を講じた上で、GMコールを実装すべきと考えます。
 継続してGMコールが要望される現状をどのようにお考えなのか、今後の実装の有無も含めてお答え下さい。

15.公式掲示板等ゲーム外におけるユーザー間交流の場設置について
 第1回オフラインミーティングにおいて、公式サイト上に掲示板を設置することについて提案がなされています。
 ガンホーゲームズ内に公式掲示板やコミュニティを作成する等、何らかの形でゲーム外におけるユーザー間交流の場を設置を要望します。
 ユーザーコミュニティの活発化やサーバー間における交流等に必要不可欠と考えますが、この要望についてご回答願います。

16.ゲームを良くするために必要な、ユーザーと対話可能な公開型システムの整備について
 昨年夏に、貴社よりラグナロクオンラインユーザー連盟に宛てた文書の中で「我々のラグナロクオンラインを良くしていきたいという思いは同じ」「運営会社とユーザーとの間にある相互理解の隔たりについては問題がある」という記載がありましたが、これはラグナロクオンラインに係るものだけではなく、貴社が運営している全てのゲームに共通するものだと思います。
 相互理解の隔たりを少なくするためには、先ず現在は行われていない、ヘルプデスクに寄せられている多くの意見・苦情等の情報公開が必要だと思います。
 ユーザーと運営が共にゲームをもり立てることが可能となる、常時対話可能なシステムを検討しては頂けないでしょうか。

17.リアルマネートレード(RMT)に関する問題について
 第1回オフミより前回の第6回オフミまで、RMTに関しては継続した課題となっています。
 RMTは、不正ツールやアカウントハッキングの温床、未成年者によるゲーム内通貨やアイテム目的の不正アクセスが増加する原因とも言われており、今後ともオンラインゲームを運営していくに当たっては、最重要課題として取り組まねばならない問題と思われます。
 業界を代表する貴社は、元社員の不正アクセス事件もあり率先してRMTに関する諸問題に取り組む責任があるのではと考えます。
 現在の取り組み及び、今後どのようにRMTに関する問題を扱われていくのか回答願います。