<< 第6回ガンホーオフラインミーティング 事前質問(案) その2 | main | 第6回ガンホーオフラインミーティング >>

2007.01.01 Monday

第6回ガンホーオフラインミーティング 事前質問(案) その3

 第6回ガンホーオフラインミーティング 事前質問(案) その3

質問21:他社オンラインゲームの不正ツール対策方法の実装について
質問22:武器研究による精錬率向上について
質問23:ホムンクルスのAIについて
質問24:社員GMの不正アクセス事件に係る損害賠償について
質問25:公式掲示板の設置について
質問26:タイトルによる不正ツールに対する取り組みの差について

 他社MMOでは新規登録時の無料期間プレイ時の機能制限(転職の制限、所持金上限、取引制限)の実装)やPC登録システム(事前に登録したPCからのみ接続可能)を実装しています。  今後それらの機能を実装する予定が有るかどうか、お答え下さい。
 公式回答で「以前から武器研究による精錬率向上は無かった」と有りますが、2005年以前の公式BOOK等の公式出版物で「武器研究による精錬率向上:スキルLv×1%」の記載が有ります。  監修も行われていたにも拘らず、何故「最初から実装していない」と否定するのか、お答え下さい。
 ホムンクルスのAIを改良して狩りを行う方法については、公式で認められていますが、一部利用者の中には快く思っていない者も存在し、しばしば揉め事の原因となっています。  ホムンクルスのAIを改良し、使用することについてはどのようにお考えか、回答願います。
 戸枝氏に関する民事訴訟に関する情報が一切公開されていないが、その後の進展は有ったのでしょうか。  また、損害賠償金の使い道に関してRMTに関する法整備への働きかけや、オンラインゲーム業界全体に対する働きかけ、ユーザーが安心出来る様なシステム作り等に利用するとの発言が有りましたが、その使用用途についてお答え下さい。
 ユーザーの意見を聞く窓口として、最も有効な公式掲示板がガンホーゲームズ内に設置される予定になっているにも関わらず、未だに運営開始されていません。  今後の設置予定についてお答えください。また、設置するのであれば何時頃になるのも併せてお答え下さい。
 ECOの様にBOTの目撃例が少ないタイトルがある一方、TANTRAやRO等BOTの目撃例や管理の不手際が目立つタイトルも存在します。  これは貴社のタイトル毎における力の入れ具合の差として解釈してもよろしいのでしょうか。  この件に関してどうお考えなのか、回答願います。